弥次さん喜多さんのお笑いにほんご塾
発売日
2006年08月16日
在 庫
品切れ重版未定
判 型
B5判並製
ISBN
978-4-569-64847-7

弥次さん喜多さんのお笑いにほんご塾

著者 齋藤孝作 《明治大学教授》
主な著作 『声に出して読みたい日本語』(草思社)
税込価格 1,080円(本体価格1,000円)
内容 弥次さんと喜多さんが慣用句やことわざを連発しながら面白おかしく旅をする。抱腹絶倒の掛け合いが楽しく、ついでに勉強もできちゃう!

ことわざや慣用句ってテストでよく出るけど、つまらないしむずかしい。そう思ってるみんな、安心したまえ。思わず爆笑しちゃう「おはなし」を読むうちに自然に覚えられる本ができたんだ。これが一番ラクだよね!

 この本は、江戸時代のはちゃめちゃコンビ「弥次喜多」の旅物語を原作に、あの齋藤孝先生が書き下ろした、頭がよくなる日本語の本なんだ。

 「さぁはじまるよ、日本一の旅物語。お笑い道中、夢道中。その名も東海道中膝栗毛。抱腹絶倒、疾風怒濤、天下無敵の男が行く。おもしろいし、ためになる、一石二鳥のお話だ。うっかり者の弥次さんと、男前役者の喜多さんが、お江戸八百八町をあとにして、お伊勢まいりの旅に出るよ。さぁ、わっしょいわっしょい盛り上がれ……」

 神奈川でのダンゴ事件、小田原での風呂騒動など、4話の中に100を超える慣用句。総ルビなので小学生OK。超笑える詳しい解説と索引つきで、中学生のテスト対策にもバッチリ!