戦前・戦後の本当のことを教えていただけますか
発売日
2006年05月24日
在 庫
品切れ重版未定
判 型
四六判上製
ISBN
978-4-569-64970-2

戦前・戦後の本当のことを教えていただけますか

著者 兼松学述
加賀谷貢樹記
主な著作 <兼松・主な著作>『日本国有鉄道論』(東大出版会)
税込価格 1,404円(本体価格1,300円)
内容 教科書では「暗黒」だったとばかり描かれるあの頃は実際はこんな時代だった。明治末年に生まれ国鉄官僚として生き抜いてきた著者が語る。

「暗黒の時代であった」とばかり描かれる戦前・戦後の日本。しかし、実際に生きていた人々はどう感じていたのか。本書は明治45年に東京で生まれ、それから大正、昭和を生き抜いてこられた兼松學さんが語った戦前・戦後の真実の姿をまとめた一冊である。

 兼松さんが旧制の小学校へ上がったのは大正7年のこと。14歳の時に昭和がはじまり、昭和7年に東京帝大に入学。昭和10年に鉄道省に入省。昭和11年には、近衛師団に一兵士として徴集されるが、ちょうどそのときニ・ニ六事件が起き、反乱軍と対峙する経験もしている。戦争中から戦後にかけての日々は、霞ヶ関の官僚として第一線で活躍。まさに、その眼で戦前・戦後の日本をみつめてきた。

 兼松さんは「日本の戦前とは、希望に満ちあふれていた時代であり、日本は『躍進する国家』であった」と語る。多くの人が将来に夢を馳せ、威風をも兼ね備えていたかつての日本の姿、当時の空気がよみがえる一冊!