現代思想入門
発売日
2007年01月24日
在 庫
品切れ重版未定
判 型
A5判並製
ISBN
978-4-569-65561-1

現代思想入門
グローバル時代の「思想地図」はこうなっている!

著者 仲正昌樹著 《金沢大学教授》
清家竜介著
藤本一勇著
主な著作 <仲正・主な著作>『「不自由」論』(ちくま新書)
税込価格 1,512円(本体価格1,400円)
内容 ポスト構造主義からネオ・マルクス主義、英米リベラリズム、ポストコロニアル、帝国論まで、いまアクチュアルな現代思想の最新入門書。

浅田彰の『構造と力』が端緒となって現代思想ブームが起こったのは80年代。それから、20年あまりたち、冷戦の終焉、湾岸戦争、9・11からイラク戦争と、世界は大きく変わった。その中で、「哲学」に軸足をおいた思想はあまり注目を集めなくなったものの、「世界/社会」に軸足をおいた思想は、現代の思想シーンにおいてますます重要度を増している。本書では、「第二次大戦後に影響を持った思想」を「(正統)マルクス主義との距離の取り方」と「地域性」を考慮に入れ、(1)ドイツを中心とするフランクフルト学派、(2)フランスのポスト構造主義、(3)英米のリベラリズム、(4)カルチュラル・スタディーズ、ポストコロニアル・スタディーズなど西欧近代にとっての「他者」をめぐる思想、という4つの大きな流れを取り上げてまとめた。フーコー、デリダからロールズ、ネグリ&ハートまで19人の思想家と現代思想の新しい「見取り図」がわかる最新入門書。