10ぴきのかえるのピクニック
発売日
2006年03月10日
在 庫
在庫あり
判 型
A4判変型上製
ISBN
978-4-569-68592-2

10ぴきのかえるのピクニック

著者 間所ひさこ
仲川道子
主な著作 <好評シリーズ>「10ぴきのかえる」シリーズ』(PHP研究所)
税込価格 1,296円(本体価格1,200円)
内容 10ぴきのかえるはけろけろピクニックにでかけました。お弁当と水筒を持って野原へと向かうと、どこからか泣き声が聞こえてきました。

子供たちに大人気のシリーズ「10ぴきのかえる」の14巻目。

 春になって日差しがあたたかくなりました。10ぴきのかえるは、うきうき野原へけろけろピクニックにでかけました。昆虫や草花も明るい日差しをあびて元気いっぱいです。

 10ぴきのかえるがうきうき野原に着くと、野ばらの茂みの中から小さなきいきい声が聞こえてきました。茂みの中では、しっぽに怪我をしたねずみの子が泣いていました。かえるたちは、傷口を手当てしてあげ、もってきたお弁当やおやつを一緒に食べました。迷子になったねずみの子の家を、かえるたちが探してあげることにしました。途中でもぐらおばさんに出会い、がさがさやぶに住んでいる、かやねずみのこどもだとわかり、早速向かいます。しかし、道の真ん中で天敵のへびが昼寝をしていました。へびを起こさないようにそろりそろりと通りぬけようとしたその時、へびが目覚めてしまいねずみの子が捕まってしまいました!