世界の「楽器」絵事典
発売日
2007年03月26日
在 庫
品切れ重版未定
判 型
A4判変型上製
ISBN
978-4-569-68676-9

音楽がたのしくなる
世界の「楽器」絵事典
歴史から、音の出るしくみまで

著者 PHP研究所編
浜松市楽器博物館協力
税込価格 3,080円(本体価格2,800円)
内容 オーケストラで活躍する楽器から、古楽器、民族楽器まで、あらゆる楽器を徹底図解。構造、音の出方、音色の特徴を知ることができる本。

東洋で最大規模の浜松市楽器博物館。その博物館が所蔵する楽器を紹介しながら、楽器の歴史や種類をわかりやすく解説した絵事典です。楽器の種類を「たたく」「ふく」「はじく」「こする」といった音の鳴らし方別で紹介するユニークな構成になっています。

 (内容構成)第1章 楽器って何?―館長に聞いてみよう、第2章 たたく楽器…ガムラン<インドネシア>・マリンバ<メキシコ>・バラフォン<コンゴ>・パッターラ<ミャンマー>・ジェンベ<マリ>・和太鼓<日本>・ピアノ ほか、第3章 ふく楽器…リコーダー・篠笛<日本>・クラリネット・バクパイプ<スコットランド>・トロンボーン・アルプホルン<スイス>・アコーディオン ほか、第4章 はじく楽器…ハープ・ギター・三味線<日本>、第5章 こする楽器…ヴァイオリン・馬頭琴<モンゴル> ほか。

 楽器に関するQ&A、掲載した楽器すべてを索引で紹介。