“世界最後の魔境”群馬県から来た少女
発売日
2014年01月15日
在 庫
品切れ重版未定
判 型
文庫判
ISBN
978-4-569-76133-6

“世界最後の魔境”群馬県から来た少女

著者 日下一郎
群馬県協力
6U☆イラスト
主な著作 妹戦記デバイシス』(PHP研究所)
税込価格 692円(本体価格629円)
内容 群馬県の「あるあるネタ」をこれでもかと盛り込んだご当地ライトノベル! 世界最後の魔境、群馬県からやって来た少女の目的は!?

世界最後の魔境、群馬県から東京にやってきた少女コヨトル。平和な学園に突如として現れた彼女の目的は、世間に田舎だ、秘境だと言われ続けている群馬による世界支配だという。「世界中が群馬になっちゃえ!」――いやいや、絶対無理だと思うのだが、コヨトルは故郷群馬のために決心を変えず、さまざまな世界支配計画を開始し、それが次々に騒動を巻き起こす……。

 そんなとき、かつて世界を破滅させた恐怖の邪神「群馬王」が復活! さらに「群馬王」の大いなる力を悪用し、自らのものにしようとする悪の組織も現れ、事態は混戦模様に。そして、いよいよ明らかになる「群馬王」の正体とは……!?

 県庁協力のもと、群馬県の「あるあるネタ」をこれでもかと盛り込んだご当地ライトノベルが誕生!