地政学で考える日本の未来
発売日
2017年08月01日
在 庫
在庫あり
判 型
文庫判
ISBN
978-4-569-76565-5

地政学で考える日本の未来
中国の覇権戦略に立ち向かう

著者 櫻井よしこ著 《ジャーナリスト》
主な著作 気高く、強く、美しくあれ』(PHP研究所)
税込価格 842円(本体価格780円)
内容 いまアジア・太平洋地域はかつてない軍拡の真っ只中にある! 日本は尖閣を守り切れるか? 地政学から中国の領土拡大の野望をあばく。

膨脹する中国、激変する世界情勢。日本のとるべき針路の答えは、地図にある!

 現在、日本は「100年に一度」の世界情勢の大変化と、中国の異常な軍拡に直面している。この未曽有の危機に立ち向かうための鍵は何か――。著者は、地図を読み、地政学を把握しながら、外交戦略を考えることにあるという。著者の冴えわたる分析と、具体的提言の数々によって、日本の確かな希望が見えてくる一冊。

 『中国に立ち向かう覚悟』を改題し、文庫版まえがきとして、最新論考『「100年に一度」の大変化に直面している日本』を加筆。

 (「はじめに」より)地図は諸国の世界戦略を把握する第一歩だと考えます。戦後、安全保障をアメリカに頼ってきた日本は、外交や安全保障に関する判断力を衰えさせ、危機に対して鈍感な錆びた刀のような国になりました。そうした国家的な病を治すには地図を頭に入れて、世界の地政学を常に意識することが何よりも効果的でしょう。それが本書をまとめた理由です。