男はつらいよ 寅さんの人生語録 改
発売日
2019年11月29日
概ね、この2日後に書店店頭に並びます
在 庫
在庫僅少
判 型
文庫判
ISBN
978-4-569-76979-0

男はつらいよ 寅さんの人生語録 改

著者 山田洋次作 《(山田)映画監督、脚本家》
朝間義隆作
寅さん倶楽部編
税込価格 814円(本体価格740円)
内容 「男っていうものはな、引き際が肝心よ」など、義理と人情を描いた名作映画『男はつらいよ』シリーズの名言・名セリフを一挙公開!

日本人の心を描いた国民的映画「男はつらいよ」シリーズ。1作目の公開から50周年を迎えた今もなお、人気は衰えることを知りません。

 本書は、「男が女に惚れるのに、歳なんかあるかい」「男ってぇものはな、引き際が肝心よ」など、寅さんの名言・名セリフを一挙公開。妹さくらをはじめ魅力的な出演者たちの語録も掲載し、映画が100倍楽しめる1冊!

 「ほら、いい女がいたとするだろう。なあ?男がそれを見て、ああ、いい女だなあ、この女を俺は、大事にしてえ――そう思うだろう、それが愛っていうもんじゃねえか」(36作「柴又より愛をこめて」より」

 「そう、俺はね、風にはこう逆らわないようにしてるんだよ。風に当たると疲れちゃうから」(47作「拝啓車寅次郎様」より)

 「いや、だけどね、レントゲンだってやっぱりね、あれニッコリ笑って映した方がいいと思うの、だって明るく撮れるもの、その方が」(32作「口笛を吹く寅次郎」より)

 『男はつらいよ 寅さんの人生語録』を改題し再編集。