墨龍賦(ぼくりゅうふ)
発売日
2019年11月08日
概ね、この2日後に書店店頭に並びます
在 庫
在庫あり
判 型
文庫判
ISBN
978-4-569-76984-4

墨龍賦(ぼくりゅうふ)

著者 葉室麟著 《作家》
主な著作 霖雨』、『暁天の星』(PHP研究所)
税込価格 858円(本体価格780円)
内容 建仁寺の「雲龍図」を描いた男・海北友松。武士の子として、滅んだ実家の再興を夢見つつ、絵師として名を馳せた生涯を描く歴史長篇。

建仁寺の「雲龍図」を描いたことで知られる海北友松(かいほう・ゆうしょう)は遅咲きの絵師だが、山水図屏風、竹林七賢図、花卉図屏風、寒山拾得・三酸図屏風など、すばらしい作品を遺している。

 しかしそこに至る道は、決して平坦ではなかった。

 近江の浅井家に仕えていた実家・海北家が滅亡。武士に戻りたくとも戻れず、葛藤を抱きつつ絵師の道を選び取った友松は、明智光秀の片腕・斎藤利三と出会い、友情を育んでいく。

 その利三が仕える光秀が信長に叛旗を翻す。本能寺の変――。しかしその天下は長く続かなかった。利三の運命は……。

 武人の魂を捨てきれなかった友松は、そのとき何を考え、どんな行動をしたのか。

 苦悩の末、晩年にその才能を花開かせ、安土・桃山時代の巨匠・狩野永徳と並び称されるまでになった男の生涯を描く傑作歴史小説。

 著者・葉室麟が、デビュー前から書きたかった人物を、円熟の筆で描き上げている。

 解説は、作家の澤田瞳子氏。