古関裕而(こせきゆうじ) 応援歌(エール)の神様
発売日
2020年02月04日
概ね、この2日後に書店店頭に並びます
在 庫
在庫あり
判 型
文庫判
ISBN
978-4-569-76991-2

古関裕而(こせきゆうじ) 応援歌(エール)の神様
激動の昭和を音楽で勇気づけた男

著者 長尾剛著 《作家》
主な著作 広岡浅子 気高き生涯』(PHP研究所)
税込価格 858円(本体価格780円)
内容 20年春から放送の朝の連続ドラマのモチーフとなった古関裕而。「六甲おろし」など数々の応援歌を世に送り出した天才作曲家の一生に迫る。

2020年春NHK朝の連続テレビ小説『エール』の主人公のモデルは古関裕而。

 『オリンピック・マーチ』『栄光は君に輝く』など、昭和の音楽史を代表する天才作曲家、古関裕而は明治42年に福島で生まれました。古関は、銀行員時代に山田耕筰に認められデビュー。応援歌、歌謡曲から軍歌、オペラまで、生涯で5000にものぼる音楽を生み出しました。

 古関の名曲たちは昭和の娯楽史そのものです。本書に登場するのは、ライバルの古賀政男、世界的オペラ歌手の三浦環、古関と同じ福島出身の人気歌手・伊藤久男や作詞家・野村俊夫、そして昭和の演劇界を牽引した劇作家・菊田一夫など。華やかな昭和のエンタメ業界の豪華メンバーが織りなす物語は笑いと涙に包まれます。

 彼はいかにして激動の時代に、国民から愛される数々の名曲を生み出したのか。妻・金子(きんこ)と共に歩んだ、その知られざる一生に迫ります。

 この一冊で、朝の連ドラが絶対面白くなる!

 文庫書き下ろし。