「モナリザ」の微笑み
発売日
2009年08月17日
在 庫
品切れ重版未定
判 型
新書判
ISBN
978-4-569-77110-6

「モナリザ」の微笑み
顔を美術解剖する

著者 布施英利著 《東京藝術大学准教授》
主な著作 『脳の中の美術館』(ちくま学芸文庫)
税込価格 821円(本体価格760円)
内容 ダ・ヴィンチの名画『モナリザの微笑』は合成画で、実は笑っていない。ギリシア彫刻からピカソ、法隆寺・救世観音まで、微笑の謎に迫る。

モナリザは微笑んでいなかった! 美術界最大のミステリーに挑む。あのピカソがモナリザを盗んだ?!

 レオナルド・ダ・ヴィンチの名画「モナリザ」の謎めいた微笑みは何を表しているのか? このミステリーは、美術愛好家のみならず多くの人々を魅了してきた。

 著者は、その顔を美術解剖した結果、モナリザの顔は合成画で、少しも微笑んでいないことを発見。なぜこうした絵が描かれたのかをダ・ヴィンチの絵画の足跡を辿るうちに、もうひとりの天才ピカソとの意外な接点を見出した。ピカソも、この秘密に気づき、それがかの美術史上の革命、キュビスムにつながったのではないか、と……。

 著者の分析は、セザンヌやレンブラント、ウォーホル、さらに古今東西の彫刻や仏像もふくむさまざまな「微笑み」の系譜へと及んでいく。本文、カラーページ多数。