ふしぎなカメラ
発売日
2012年10月15日
在 庫
品切れ重版未定
判 型
A4判変型上製
ISBN
978-4-569-78266-9

ふしぎなカメラ

著者 辻村ノリアキ
ゴトウノリユキ
主な著作 <ゴトウ・好評既刊>『仕事の絵本 仕事ってなに?』(大月書店)
税込価格 1,320円(本体価格1,200円)
内容 「トッテ・トッテノ・トッテーナ!」カラコロロン。撮りたいものにカメラをむけて呪文をとなえると……!?

リュウタのお父さんが、古道具屋さんで大きなカメラを買ってきました。リュウタは、初めてみるカメラに興味津々。カメラの使い方をみてみると……。(1)とりたいものにカメラをむけて「トッテ・トッテノ・トッテーナ!」と呪文を唱える。(2)カラコロロンと鐘がなる。(3)10かぞえると写真が出てくる。

 早速カメラを使ってみたくなったリュウタとお父さんは、街へ出かけました。まずは、ケーキ屋さんにカメラを向けて写真を撮ります。10秒後に出てきた写真には、おいしそうなフルーツケーキだけが写っていました。次に、縁日に行ってお面屋さんのお店を撮ると、出てきた写真には店主の顔だけが写っていました。それから、動物園に行ってキリンを撮ると、出てきた写真には鳥の姿だけが写っていました。最後に、リュウタはお風呂場の鏡に写った自分を撮ってみますが、その写真に写っていたのは……!?

 本当にこんなカメラがあったらおもしろい! 夢が広がる絵本。