日曜日の王国
発売日
2018年03月13日
在 庫
在庫あり
判 型
四六判上製
ISBN
978-4-569-78752-7

日曜日の王国

著者 日向理恵子作
サクマメイ絵
主な著作 『雨ふる本屋』(童心社)
税込価格 1,512円(本体価格1,400円)
内容 学校へ行けなくなった、小学五年の繭。スケッチクラブ「日曜日舎」に通い絵を描き始める。絵を描くことで繭の心に変化が生じる……。

小学五年生の秋、なぜか学校へ行けなくなった繭。

 ある日、電柱や塀に描かれた矢印をたどって行くと、<日曜日舎>にたどり着いた。ここは、日曜日にしか生きられない人々の集まるスケッチクラブ。猫と一緒のおばあさんや、羽の音を立ててやってくる少年、しゃべる陶器の人形たちが集う。動く剥製の狐もいるし、時間の狂った柱時計もある。ちぐはぐな空間だ。この店の奥には、スケッチルームがあり、彼らはここで「自分を通して見た世界」を絵にする。

 繭はこの<日曜日舎>に通うことにし、しだいに生きるすべを見つけていく……。

 目次 <第1日曜日>矢じるしをたどると/日曜日だけのスケッチクラブ/暗い暗い夜 <第2日曜日>スケッチがはじまる/川とおしゃべり/忘れ物、それから名前 <第3日曜日>雨がくる/繭のパレット/水の絵の具 <第4日曜日>悪天候スケッチ/時計の狂い <最終日曜日>琥珀の蝶/星夜の作品展/羽化