魔法のフラワーショップ(4)ミラクルベリーを探す旅
発売日
2018年12月06日
概ね、この2日後に書店店頭に並びます
在 庫
在庫あり
判 型
四六判並製
ISBN
978-4-569-78830-2

魔法のフラワーショップ(4)ミラクルベリーを探す旅

著者 ジーナ・マイヤー著
若松宣子訳
主な著作 魔法のフラワーショップヴァイオレットと秘密の合言葉』、『魔法のフラワーショップ弱虫ザックと勇気の花』、『魔法のフラワーショップ幸せを呼ぶ夢の花』(PHP研究所)
税込価格 1,080円(本体価格1,000円)
内容 ある日、魔法の花の勉強を教えてくれるアビゲイルおばさんが行方不明になってしまいました。魔法の本を使って探しだそうとしますが……。

9歳の少女ヴァイオレットは、養い親のジューンおばさんとニックおじさんの家で楽しく暮らしています。ある日、ヴァイオレットの隣の家に住むジュニパーさんが、アビゲイルおばさんのフラワーショップにやってきて、奥さんが行方不明になってしまったので探してほしいと頼みました。次の日、ヴァイオレットがフラワーショップに行くと、今度はアビゲイルおばさんまでいなくなっていました。

 アビゲイルおばさんたちを探すため、使ってはいけない魔法の本を見つけ出し、本を開いたヴァイオレット。その魔法の本が教えてくれたのは、なくしたものや人を探し出せる「ミラクルベリー」でした。でも、今は冬で採れないし、ベリーが入っていた瓶も空っぽです。ヴァイオレットが瓶に貼ってあった連絡先に電話をしてみると、男の人の声で「直接取りにきなさい」と言われます。

 ヴァイオレットはミラクルベリーを探すため、一人でスコットランドへ向かうのでした。