魔女のいじわるラムネ
発売日
2019年09月18日
在 庫
品切れ
判 型
A5判上製
ISBN
978-4-569-78892-0

魔女のいじわるラムネ

著者 草野あきこ作
ひがしちから
主な著作 魔女ののろいアメ』(PHP研究所)
税込価格 1,320円(本体価格1,200円)
内容 トモヤは、悲しくてくやしい気持ちになる「いじわるラムネ」を、ワタルくんにされたいじわるを言いながらつくりはじめました。

学校の帰り道、トモヤは後ろの席のワタルくんにされたいじわるを思い出して、イヤな気分です。ワタルくんは、授業中にトモヤのことをつっついてきたり、小さくて幼稚園の子みたいと笑ったりするのです。

 トモヤが公園にやってくると、「ラムネ屋」と書かれた屋台を見つけました。すると、屋台の魔女は、「イヤなことがあったようだね」と言い当てました。トモヤがワタルくんの話をすると、「いじわるラムネ」をすすめてきました。それは、されたいじわるを言いながらつくるラムネで、食べるといじわるをされた時のように悲しくてくやしい気持ちになると言うのです。トモヤは、ワタルくんのいじわるを思い出しながらラムネを5こつくりました。

 ラムネをつくり終わると、ちょうど公園の近くを通るワタルくんを見つけました。トモヤがワタルくんの後をついていくと……。

 第65回青少年読書感想文コンクールの課題図書『魔女ののろいアメ』の続編。