「信用」を武器に変えるマーケティング戦略
発売日
2013年05月27日
在 庫
在庫なし
判 型
四六判上製
ISBN
978-4-569-80710-2

「信用」を武器に変えるマーケティング戦略

著者 平久保仲人著 《ニューヨーク市立大学准教授》
主な著作 『消費者行動論』(ダイヤモンド社)
税込価格 2,420円(本体価格2,200円)
内容 マーケティングの教科書に書かれている「通り一遍の手法・戦術」ではなく、「信用・信頼をベースにした価値を創造する戦略」を解説。



 100の「ノウハウ」ではなく、たった1つの「トラスト」が利益をもたらす――。

 

 経営者としての経験を活かしながら、アメリカの大学で教鞭を執る著者が、「信用」を武器に変えて成功した企業事例から「顧客価値」の本質に迫る1冊。

 

 社会が企業に正義を求めるのは当然です。害悪をもたらす存在であってよいわけがありません。

 消費者を疑心暗鬼にし、社会を不安に陥れる企業と十把一絡げにされないために、今求められるのは、信用を得るマーケティングです。信用は企業にとって最も価値のある財産となります。(中略)商いとは崇高な営みです。客を喜ばせ、雇用を生み、取引先や株主に利益をもたらして、税を支払うのが健全な企業の姿です。余力があれば、それを社会に還元するのも企業に課せられた責任でしょう。近江商人の「三方よし(売り手よし、買い手よし、世間よし)」が経営者に求められる――「はじめに」より