日本最強馬 秘められた血統
発売日
2012年09月13日
在 庫
品切れ重版未定
判 型
四六判上製
ISBN
978-4-569-80727-0

日本最強馬 秘められた血統
世界の頂点を目指して

著者 吉沢譲治著 《血統評論家、ノンフィクションライター》
主な著作 『新版 競馬の血統学』(NHK出版)
税込価格 1,620円(本体価格1,500円)
内容 なぜ日本の馬は世界と渡り合えるようになったのか。ハクチカラからオルフェーヴルまでの最強馬の歴史を血統に視点をおいてたどる。

圧倒的な強さで三冠を達成し、日本最強馬となったオルフェーヴル。その黄金配合として注目を集める血統「父ステイゴールド×母の父メジロマックイーン」の裏側には、かつて夢を追い求めてきたホースマンたちの思いが凝縮されている。

 では、日本のホースマンは、いったい何を目指し、何を夢見てきたのか。なぜ、日本馬は世界と渡り合えるようになったのか。

 本書では、海外遠征が始まったハクチカラから三冠馬オルフェーヴルまで、日本最強馬の歴史をたどりながら、日本競馬の進化とその血脈の謎を解き明かす。シーキングザパールとタイキシャトルが仏G1を勝ち、エルコンドルパサーとナカヤマフェスタが凱旋門賞で二着、ヴィクトワールピサがドバイワールドカップを制した。日本馬は凱旋門賞という「世界の頂」まで、あともう少しのところにきているのだ。