アベノミクスでも消費税は25%を超える
発売日
2013年06月18日
在 庫
品切れ重版未定
判 型
新書判並製
ISBN
978-4-569-81064-5

アベノミクスでも消費税は25%を超える

著者 小黒一正著 《法政大学経済学部准教授》
主な著作 『2020年、日本が破綻する日』(日経プレミアシリーズ)
税込価格 972円(本体価格900円)
内容 デフレ脱却、2%のインフレ達成――明るいムードが漂う日本経済、はたしてこれで再生できるのか? 日本が背負う社会保障負担の真実。

「いま増税すれば景気が悪くなる」

 「消費税増税は不公平」

 「経済成長すれば増税はいらない」

 これらは「痛みの先送り」の言い訳に使われていないか?

 金融緩和と財政出動さえすれば、デフレから脱却し、経済成長が実現できる。さらにムダを省けば、財政赤字も解消できる――「アベノミクス」で明るいムードが漂いはじめた日本経済。ここにきて、消費税増税は景気回復に水を差す、時期尚早との声があがりはじめた。

 「1,500兆円の個人資産があるから国債は大丈夫」「インフレ2%でどうにかなる」。巷で聞かれる楽観論に根拠はあるのか。

 20、30代は60歳以上より5,000万円損をする? この国の財布がヤバイ理由。

 【論点】(1)デフレ脱却に向けての処方箋は何か/(2)日本経済は復活できるのか/(3)歳出削減のみで財政健全化はできるのか/(4)「日本の財政は破綻しない」はほんとうか/(5)「経済成長すれば財政再建できる」はほんとうかetc.