京大理系教授の伝える技術
発売日
2013年07月12日
在 庫
在庫なし
判 型
新書判並製
ISBN
978-4-569-81332-5

京大理系教授の伝える技術

著者 鎌田浩毅著 《京都大学大学院教授》
主な著作 『一生モノの勉強法』(東洋経済新報社)
税込価格 836円(本体価格760円)
内容 話が通じる/通じない理由を「フレームワーク」で考えると、相手との距離が見えてくる。理系の思考に立ったコミュニケーションの技法。



 専門オタクだった研究者が、人気の先生になれた戦略とは?

 ポイントは「価値観の橋渡し」

 もはやおなじみ、京大の人気教授が、理系的考察と発想で人間関係の妙味を語ります。

 テレビに出ても、学生を相手にしても、うまく伝わらない……オタク火山学者はずっと悩んでいました。そこで「伝える技術」の達人たちの共通点を科学的に分析。たどりついた結論、それは「価値観の橋渡し」。よい人間関係を築きたいなら、価値観は相手に譲って自分が利益を得る同意を取りつけろ――いったいどういうこと?

 これを受けて本書では「イライラする自分を感じ取る」「翻訳機をつけておく」「『負けカード』を出すと円滑に進む」「余計なものは捨てる」など、相手と自分のズレをつかむ視点を紹介。「スローボール法」「虎の威を借る法」「天の邪鬼法」などノウハウも満載。以心伝心が通用しないこの時代でも、少し意識を変えれば、だれでもコミュニケーションは上達できる!