猟師、花火師、ときどき祭り
発売日
2015年01月22日
在 庫
品切れ重版未定
判 型
四六判並製
ISBN
978-4-569-82357-7

猟師、花火師、ときどき祭り
29歳元広告マン――「あんた誰?」からの出発

著者 大島公司著 《狩猟家、花火師、イベントプロデューサー》
税込価格 1,650円(本体価格1,500円)
内容 「生きていくために汗をかく」ことが、なぜこんなに面白いのか? 大手広告代理店を辞め、猟師、花火師として暮らす若者の孤軍奮闘記。

こんな生き方が面白いと、だれもが本能ではわかっている。

 冬は鹿を狩り、夏は花火を打ち上げる、そして祭りの世話人としてフランスで名誉市民表彰――。

 会社を辞め「肩書き」を捨てて4年あまり…29歳若者の暮らしは驚きに満ちていた。

 猟をはじめてわかった、生き物を「食べ物」に変える苦労と、「活かす」ことの意味。ツテもコネもなしで飛び込んだ花火業界で味わった、自分の手仕事で人を喜ばせることのうれしさ。フランスで目の当たりにした、言葉や文化を超えた温度のあるつながり。

 職業を越え、国境を越え、「やりながら考える」生き方を選んだ著者が、等身大の筆致でその発見にあふれた暮らしを綴る。