東京劣化
発売日
2015年03月13日
在 庫
品切れ重版未定
判 型
新書判並製
ISBN
978-4-569-82481-9

東京劣化
地方以上に劇的な首都の人口問題

著者 松谷明彦著 《政策研究大学院大学名誉教授》
主な著作 『「人口減少社会」の新しい公式』(日本経済新聞社)
税込価格 842円(本体価格780円)
内容 東京は地方以上に急激な高齢化に襲われる。インフラ維持が困難になり、既に低下している国際競争力はさらに落ちる。対応策を考える。

地方の集落の消滅を危惧する声が高まっているが、これまでの政策の方向性を変えれば日本の農業や集落を維持する術(すべ)はある。むしろ、地方よりも東京のほうがより急激な変化に見舞われると考えられる。東京の高齢化はすさまじい。2040年には、2010年に比べて高齢者が143.8万人増加する。1.5万人減少する秋田県とは対照的だ。その結果東京の貯蓄率は低下し、インフラが維持できず、都市がスラム化するおそれがある。年金の給付水準は大幅に引き下げられ、その結果多くの高齢者が家を失い、老人ホームが新たに100万床以上必要になると考えられる。

 ならばどうするか。人口減少問題の第一人者が、欧州の事例も参考にしながら、現実的な処方箋を提案する。

 [内容例]■出生率2.07は絶対に達成できない――未婚率に注目すべき ■日本経済を支えたビジネスモデルの終焉 ■1950年代の産児制限が急速な高齢化の原因 ■公共賃貸住宅を大量につくれ―――財政への影響は問題なし