曹操―乱世をいかに生きるか
発売日
2015年06月15日
在 庫
品切れ重版未定
判 型
四六判並製
ISBN
978-4-569-82527-4

曹操―乱世をいかに生きるか

著者 酒井穣著 《株式会社BOLBOP代表取締役CEO》
主な著作 『はじめての課長の教科書』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)
税込価格 1,650円(本体価格1,500円)
内容 三国時代、後に中国を統一する「魏」の礎を築いた曹操孟徳。その生き方・考え方から「先の見えない時代を生き抜くヒント」を探る。

三国志の英雄、曹操孟徳。彼が生きた乱世は、現代の先の見えない時代に似ている。当時の戦争を、現代のビジネスに当てはめれば、先の見えなさという意味ではそっくりである。しかも、三国志の時代は、現代日本と同じく極端な人口減少と二極化の時代だった。

 曹操は、家柄が悪く、特に背の高さが求められた時代にあって背も低かった。手のつけられない悪童として知られ、チーマーのように振る舞った。親友に裏切られ、死にかけた。失敗も数知れず……。

 それでも、中国統一の基盤となる「魏」という国をつくることができたのはなぜか。また曹操は軍人、政治家としてだけでなく、詩人、書道家、音楽家、建築家、博物学者、調理法発明者、囲碁の名人、戦略家(『孫子』に注釈を添えて現代にまで残した)としても後世に大きな影響を与えたが、一人の人物がこれほど多岐にわたって活躍できたのはなぜか。

 曹操の生き方の中に、乱世となるであろう、これからの時代を生き抜くヒントを探る。

 『はじめての課長の教科書』などで知られる著者が、長年あたためてきたテーマに挑んだ、渾身の1冊。