東海圏の鉄道のすべて
発売日
2015年11月04日
在 庫
品切れ重版未定
判 型
四六判並製
ISBN
978-4-569-82832-9

東海圏の鉄道のすべて

著者 PHP研究所編
主な著作 首都圏の鉄道のひみつ』(PHP研究所)
税込価格 1,760円(本体価格1,600円)
内容 愛知・岐阜・三重を中心とする東海地方を走る全鉄道路線を解説。JRや地下鉄・大手私鉄のほか、日本初の磁気浮上式鉄道リニモなども。

東海圏の鉄道は、JR東海と名古屋鉄道、近畿日本鉄道の三本柱を中心に、名古屋市街地を名古屋市営地下鉄がカバーしています。競合する路線では快適性・速達性を競い合ってサービスの向上につながっています。JR東海では東海道本線の新快速車両、関西本線・参宮線の快速「みえ」、名鉄では1000系パノラマSuper、近鉄では5200系などがそれに当たります。お互いのシェア争いは激しいものがありますが、公共交通全体で見ると鉄道のシェアはわずか2割、残りは自動車交通が占めています。

 そんな、自動車交通に対抗してがんばる東海圏の鉄道について詳しくご紹介します。

 本書では、JR 東海の北側は中央本線中津川駅、高山本線美濃太田駅まで、南は参宮線鳥羽駅、紀勢本線新宮駅まで、東は東海道本線浜松駅、飯田線中部天竜駅まで、西は東海道本線米原駅、関西本線亀山駅まで。私鉄はこれらの範囲内に起点を持つ路線を対象としています。