アメリカの大問題―百年に一度の転換点に立つ大国
発売日
2016年06月15日
在 庫
在庫あり
判 型
新書判並製
ISBN
978-4-569-82966-1

アメリカの大問題―百年に一度の転換点に立つ大国

著者 高岡望著 《前ヒューストン総領事》
税込価格 907円(本体価格840円)
内容 低所得層が一流病院で治療を受けることができる、たった一つの方法とは? 移民問題から銃社会まで、元外交官が現場目線で報告、分析。

アメリカはいま、百年に一度の転換期に立ち、三つの大問題に直面している。第一は格差と移民の問題。EUは100万人の難民で大騒ぎになったが、アメリカは過去25年にわたり年平均100万人の移民を受け入れており、2016年大統領選挙の争点となった。第二は力の行使の問題。全家庭の43%が銃をもつ米国は力の行使を是とし、長年「世界の警察官」を自任してきたが、一転して孤立主義に立つ可能性が生じている。第三はエネルギーの問題。シェール革命後どのようなエネルギー・モデルを構築するかによって、この超大国の命運は決まる――。

 歴史的転換の本質を、2013年から2015年までヒューストン総領事を務めた著者が、外交官の目で読み解く。

 
●無保険者の苦悩/
●年平均100万人の移民を受け入れている/
●28%が銃所有者――銃社会の現実/
●トランプ氏の主張は「孤立主義」ではない?/
●今後、アメリカが天然ガス市場を左右する