2022年、「働き方」はこうなる
発売日
2017年09月15日
概ね、この2日後に書店店頭に並びます
在 庫
在庫あり
判 型
新書判並製
ISBN
978-4-569-83698-0

2022年、「働き方」はこうなる

著者 磯山友幸著 《経済ジャーナリスト》
主な著作 『「理」と「情」の狭間』『国際会計基準戦争 完結篇』(以上日経BP社)
税込価格 940円(本体価格870円)
内容 政府だけでなく大手企業や個人も動き始めた「働き方改革」。日本人の働き方の何が問題で、数年後、どんな変化が起きるのかを探り出す。

今から五年後の二〇二二年、私たちの働き方は想像以上に変わっている! もはや「いったん就職したら、六十歳の定年まで安泰」という労働観は完全に過去のものなのだ。

 現在の深刻な人手不足は、働き手に長時間労働をもたらし、よりよい職場を求める優秀な人材が流出し続けている。企業にとっても働き手にとっても、「働き方改革」の重要性はいよいよ増しているのだ。また今後、「工場労働」型の仕事は、AIやロボットに取って代わられていくだろう。それと同時に、人がやった方が付加価値を生む仕事にだけ、人を配置する動きが加速していく。果たしてAI時代になくなる仕事、残る仕事は何なのか。そして激変の中、私たちは具体的にどんな働き方をすれば、幸せをつかむことができるのか。生き方そのものを大きく変えることになる、これからの時代に求められる働き方を、政・財・官を幅広く取材する気鋭の経済ジャーナリストが、大胆に予測する。