半分生きて、半分死んでいる
発売日
2018年02月15日
在 庫
品切れ
判 型
新書判並製
ISBN
978-4-569-83756-7

半分生きて、半分死んでいる

著者 養老孟司著 《解剖学者》
主な著作 文系の壁』(PHP研究所)
税込価格 929円(本体価格860円)
内容 コンピュータなんて吹けば飛ぶようなもの――80歳を迎えた解剖学者が何にも囚われない筆致で現代人の盲点を突く。「平成論」も収録。

ある大学で「養老さんじゃないですか、もう死んだと思ってました」と話しかけられた著者。「要するにすでに死亡済み。そう思えば気楽なもの」と嘯き、超越した視点で「意識」が支配する現代社会の諸相を見つめる。人工知能が台頭する時代に「コンピュータは吹けば飛ぶようなもの」と語り、平成においては「万物が煮詰まった」と述べ、人口や実体経済の限界が見えた時代の生き方を考える。現代の問題は「一般論としての人生と、個々の人生の乖離」と述べ、一般化からこぼれ落ちた個々の生へ眼差しを向ける。真理は0と1の間に落ちる。宙ぶらりんの立場で、現代人の盲点を淡々と衝く一冊。

 【目次より】
●人文学で何を教えるか 
●禁煙主義者として 
●永遠の杜 
●人工知能の時代に考える 
●虫と核弾頭 
●人口が減る社会 
●状況依存 
●米軍の「誤爆」 
●意識をもつことの前提 
●老人が暮らしにくい世の中 
●地味な仕事への対価 
●「平成」を振り返る