残念な職場
発売日
2018年04月13日
概ね、この2日後に書店店頭に並びます
在 庫
品切れ
判 型
新書判並製
ISBN
978-4-569-83793-2

残念な職場
53の研究が明かすヤバい真実

著者 河合薫著 《健康社会学者》
主な著作 『他人をバカにしたがる男たち』(日本経済新聞出版社)
税込価格 950円(本体価格880円)
内容 なぜ無責任な人ほど出世するのか。職場の「暇な50代」をうまく生かすためには? 研究結果と具体例を挙げて問題の本質と解説策を説く。

現場は一流、経営は三流――。日本人の能力が世界トップクラスに位置することは、OECD国際成人力調査から見ても明らか。ではなぜ意味不明なことが頻出する職場が生まれるのか。

 「この会社を変えてやる」と元気満々だった若手社員が、出世したとたん組織に適応してしまう。女性と男性の「性差」を正しく理解していない。短時間睡眠に慣れるのは脳が故障した証拠。50代になると能力は衰えると思い込む。このような職場の残念な現象について、健康社会学者が数多の研究に基づいて答えを出し、さらに600人強へのインタビューから改善の具体例を導き出す。
●無責任な上司に、罪悪感は微塵もない 
●600万の黒字より、5億の赤字の方が評価される 
●なぜ組織には無能な上司が多いのか?――ピーターの法則 
●唯一、明らかになっている男女差 
●日本人の「電車での居眠り」に驚くアメリカの新聞 
●一人の社員が始めた「ひと声がけ運動」が業績を伸ばした