結婚は、賭け。
発売日
2018年09月14日
概ね、この2日後に書店店頭に並びます
在 庫
在庫僅少
判 型
B6判変型並製
ISBN
978-4-569-84140-3

結婚は、賭け。
夫婦、この不思議な関係

著者 曽野綾子著 《作家》
主な著作 結婚は、運。』(PHP研究所)
税込価格 1,296円(本体価格1,200円)
内容 幸せな結婚とは何か? 結婚生活を長く続ける秘訣は? よい夫婦、悪い夫婦とは? 結婚、夫婦にまつわる名エッセイを新装復刊!

結婚だけではない。私は自分が努力家でないせいか、すべてものごとの結果は最終的には運だ、努力ではない。と思っている。(「はじめに」より抜粋)

 夫婦とは、結婚とは滑稽なもの。時には50年以上も一緒に暮らすことになる夫婦だが、わかり合えないから、理不尽だからこそ面白い。夫婦とは、家族とは、人生とは何か――。おしどり夫婦と言われてきた作家の三浦朱門との生活を綴った名エッセイが新装復刊!

 よく計算して決めたはずの結婚が、しばしば続かない例は世間に多いし、予期しなかった相手の性格が、夫婦の危機を救う場合もある。「ほとんどすべてが、予期しなかった結果」であるのが、結婚というものかもしれない。(「はじめに」より抜粋)

 【本書より】
●夫婦は、見ているだけで滑稽なもの 
●一緒にいて楽しいことが、結婚の成功を表す 
●配偶者に頼り切る結婚は却って不純 
●夫婦は夫婦、子は子 
●夫婦というのは取り合わせの妙である 
●結婚は、男は女の、女は男の心理を知ることにある 
●結婚した相手の性格を変え得るか 
●離婚はどちらかの愚かさと精神の固さにある