昭和史 七つの裏側
発売日
2019年09月24日
在 庫
在庫あり
判 型
四六判並製
ISBN
978-4-569-84386-5

昭和史 七つの裏側

著者 保阪正康著 《歴史家、評論家》
主な著作 『昭和の怪物 七つの謎』(講談社現代新書)
税込価格 1,760円(本体価格1,600円)
内容 最高機密が記された『機密戦争日誌』はいかに焼却されずに残ったのか? 『昭和天皇独白録』の正体は何だったのか? 7つの真実に迫る。

著者の執筆の基本は、「事実に触れた人物に会い、話を聞く」ことが第一である。この姿勢で、4000人以上の昭和史関係者を取材してきた。膨大な作品の中に取り入れたのは、残念ながらその一部に過ぎず、重要な証言や史料が、著者の手元にあふれている。著者はその一端を、自身が主宰する「昭和史を語り継ぐ会」の機関誌「昭和史講座」に掲載してきた。本書は、そこで掲載されたものの中から、昭和史ファン垂涎の7編を選りすぐり、一冊にまとめたものである。内容は、①「機密戦争日誌」はいかに保存されたか ②「昭和天皇独白録」の正体 ③学徒出陣壮行会で宣誓した学生代表の戦場(江橋慎四郎取材) ④逆さまに押した判子と上司・東条英機(赤松貞雄取材) ⑤「日本はすごい」と思っていなかった石原莞爾(高木清寿取材) ⑥本当のところが知られていない東条英機暗殺計画(牛嶋辰熊取材) ⑦陸軍省軍務局で見た開戦経緯(石井秋穂取材)の7編。