群島の文明と大陸の文明
発売日
2020年10月15日
在 庫
在庫あり
判 型
新書判
ISBN
978-4-569-84754-2

群島の文明と大陸の文明

著者 小倉紀蔵著 《京都大学教授》
主な著作 『朝鮮思想全史』(ちくま新書)
税込価格 990円(本体価格900円)
内容 大陸文明の中国は演繹的でトップダウンを欲する。群島文明の日本は帰納的で慎重な合議を要する。地理的条件から文明の本質を語る。

 日本は群島の文明である。それは帰納的(反演繹的)思考、経験主義(反理念・反理性主義)、そして反超越主義などによって規定される。日本に特殊なものではなく、これらの特徴を欧州で最も強く持っているのはイギリスである。

 群島文明は、大陸の文明を移入しながら、それを島の力で相対化・分解しつつ、風土や文化に合わせて再構成する。さらに日本における群島文明は、「もののあはれ」や「美」という感覚を非常に重視する。

 大陸文明は、普遍主義・理念主義・本質主義・超越主義などを基盤とせざるをえない傾向を持つ。政権を維持するためにもそれを打倒するためにも、超越的な神・理念・価値を必要とする。日本が理念性・超越性に自己を同一化させてしまうと、戦前のような全体主義となる。

 東アジア文明の理解のために、必読の一冊!