ALA(アラ)が創る未来
発売日
2020年11月26日
在 庫
在庫あり
判 型
四六版並製
ISBN
978-4-569-84766-5

ALA(アラ)が創る未来
「生命の根源物質」でバイオと医療・健康に貢献する

著者 北尾吉孝+「ALAの未来」を考える会 著 《(北尾)SBIホールディングス代表取締役社長》
主な著作 (北尾)『何のために働くのか』(致知出版社)
税込価格 1,760円(本体価格1,600円)
内容 様々な社会問題を抱える日本の未来。医療・健康・農業分野で注目を集める生命の根源物質「ALA(アラ)」の価値と可能性とは――。

 がんや脳腫瘍などの重い病気だけでなく、「健康長寿」にもその可能性が期待される天然のアミノ酸「ALA(アラ)」に俄然注目!ALA(5-アミノレブリン酸)を核としたバイオ関連事業の展開により社会貢献を果たすことも天命の一つという北尾吉孝氏、さらにALAに関わる医者・研究者が集結!

 【第1章】「 ALA」が創る未来――日本のバイオと医療・健康に貢献する(北尾)

 【第2章】超高齢化社会・日本で「ALA」の価値を発揮させる(北尾)

 【第3章】「ALA」研究開発物語(田中徹)

 【第4章】グローバル経営からみた「ALA」(ウルリッヒ・コシエッサ)

 【第5章】「ALA」の「これまで」と「これから」(中島元夫)

 【第6章】健康・アンチエイジングと「ALA」(渡辺光博)

 【第7章】親の健康のためにできること――「ALA」の八徳(伊藤裕)

 【第8章】 がん治療と「ALA」(井上啓史)

 【第9章】脳の難病(悪性脳腫瘍)と「ALA」(金子貞男)

 【第10章】小児の難病と「ALA」(大竹 明)