月と日の后
発売日
2021年09月16日
概ね、この2日後に書店店頭に並びます
在 庫
在庫あり
判 型
四六判上製
ISBN
978-4-569-85009-2

月と日の后

著者 冲方丁著 《作家》
主な著作 『天地明察』(KADOKAWA)
税込価格 2,090円(本体価格1,900円)
内容 「わたしがこの子の母になる」――内向的な少女は、いかにして平安王朝の“国母”となったか。藤原彰子の生涯を描いた感動の歴史長編。

 一族の闇、怨念、陰謀が渦巻く宮廷――

 藤原道長の娘にして、一条天皇の后・彰子。

 父に利用されるだけだった内気な少女は、いかにして怨霊が跋扈する朝廷に平穏をもたらす「国母」となったのか。

 『天地明察』『光圀伝』の著者が、“平安のゴッドマザー”の感動の生涯を描く。

 わずか十二歳で入内した、藤原道長の娘・彰子。父に言われるがままに宮中に入り、一条天皇を迎える最初の夜、彼女は一条天皇の初めての男児誕生の報を聞く。男児を産んだのは、藤原定子。夫である一条天皇は、優しく彰子に接するが、彼が真に愛した女性・定子の存在は、つねに彰子に付きまとう。

 「透明な存在になって消えてしまいたい」――父・道長によって華やかに整えられた宮中で心を閉ざし、孤独を深める彰子であったが、一人の幼子によって、彼女の世界は大きく変わった。

 定子の崩御により遺された子、敦康。道長の思惑により、十四歳の彰子がその子の母親代わりとして定められたのだ。戸惑いながらも幼い敦康を腕に抱き、母になる決意を固めた彰子は、愛する者を守るため、自らの人生を取り戻すために戦い始める――。

 平安王朝を新たな視点からドラマチックに描いた著者渾身の傑作長編。