朱泥抄
発売日
2021年08月18日
在 庫
在庫あり
判 型
B6判変型並製
ISBN
978-4-569-85041-2

朱泥抄

著者 篠田桃紅著 《美術家》
主な著作 墨いろ』(PHP研究所)
税込価格 1,353円(本体価格1,230円)
内容 2021年3月、107歳で鬼籍に入った孤高の女性美術家・篠田桃紅。処女作『墨いろ』と並ぶ名作といわれた初期随筆『朱泥抄』を新装復刊。



 2021年3月1日に107歳で逝去した孤高の美術家、篠田桃紅先生。

 本作は1979年にPHP研究所から刊行された同名の書籍を再編集、新装復刊したものです。

 処女作『墨いろ』が第27回日本エッセイスト・クラブ賞を受賞した1979年に発刊された作品で、随筆の分野でも現代の清少納言といわれた著者・篠田桃紅の瑞々しい感性にあふれています。5歳の時に父の手ほどきで初めて墨と筆に触れてから、ほぼ独学で書を極め、やがて美術の世界へ。1956年に単身渡米し、ニューヨークを拠点にボストン、シカゴ、パリ、シンシナティ他で個展を開催した先進性は現代女性にも鮮烈で、随筆にあらわれる感性も古びることがありません。本書では文字の偏にことよせて日々の思いを綴っていて、ニューヨークに遊びに来た従兄弟や友人との交流やホームパーティの様子、着物や食への思いなど、そのセンスに富んだ暮らしにも心がわきたちます。著者の手による初期随筆の中でも珠玉の作品です。