アメリカ現代思想の教室
発売日
2022年01月14日
概ね、この2日後に書店店頭に並びます
在 庫
在庫あり
判 型
新書判
ISBN
978-4-569-85113-6

アメリカ現代思想の教室
リベラリズムからポスト資本主義まで

著者 岡本裕一朗著 《玉川大学名誉教授》
主な著作 『フランス現代思想史』(中公新書)
税込価格 1,023円(本体価格930円)
内容 トランプ以降、思想のルールが変わった!転換期を迎えるリベラル・デモクラシーや加速主義など、「理想の社会」を考える思想を解説。



 トランプ以前と以後で、アメリカの現代思想のルールがまったく変わってしまった。トランプ以後、たえず抑圧されてきたホンネの欲望が噴出するようになったのである。いわゆるPC:ポリティカル・コレクトネス(政治的に正しく、差別的ではないこと)に対する反感だ。今までアメリカの現代思想と言えば、言ってみればPCのコードにしっかりと守られたいわばタテマエの思想だった。それを「リベラル・デモクラシー」派と呼ぶならば、今までのほとんどの思想が、この中に入ってしまう。

 そこで本書では、長くアメリカの主流であったリベラル・デモクラシーの思想を1970年代にさかのぼって追究し、そこから今日まで何が起こっているのかを確認する。リベラリズムのロールズ、共同体主義のサンデル、ネオ・プラグマティズムのローティ、民主主義に反対する「新官房学」、「ポスト資本主義」の一種といえる「加速主義」……。社会の動向を反映してダイナミックに変容していくアメリカ現代思想を平易に解説する。