鉄道会社はどう生き残るか
発売日
2022年06月15日
概ね、この2日後に書店店頭に並びます
判 型
新書判
ISBN
978-4-569-85250-8

鉄道会社はどう生き残るか

著者 佐藤信之著 《交通評論家》
主な著作 『鉄道と政治』(中公新書)
税込価格 1,023円(本体価格930円)
内容 人口減少によって経営の悪化が確実視されていた鉄道事業は、コロナ禍によって大きな追い打ちを受けた。鉄道会社が生き残る道とは?



 2020年からのコロナ禍によって、都市部でも地方でも、鉄道の通勤・通学需要や観光需要が激減し、鉄道会社の経営は大打撃を受けた。

 コロナ禍が終息しても、少子高齢化が続く限り、通勤・通学需要は減る一方だ。すでにローカル線の経営状況はかなり厳しく、バスへの転換も進んでいる。

 しかし、バスへの転換は、交通弱者の外出の機会を減らしたり、自家用車の利用を増やして環境への負荷が増えたりするなど、デメリットも多い。

 一方、成田・羽田・関空といった国際空港へのアクセス線の新設や西九州新幹線の開業、北海道新幹線や北陸新幹線の延伸、リニア中央新幹線の建設をはじめ、路線の新設・延伸の計画も数多くある。

 ローカル線はどうすれば維持できるのか? あらたな路線は日本経済の起爆剤となるのか? また、鉄道を活用したあらたなビジネスに、各社はどのように取り組んでいるのか? さまざまな視点から考える。