夏目家のそれから
発売日
2024年01月29日
概ね、この2日後に書店店頭に並びます
判 型
四六判並製
ISBN
978-4-569-85645-2

夏目家のそれから

著者 半藤 末利子著 《作家》
主な著作 『硝子戸のうちそと』(講談社)
税込価格 1,870円(本体価格1,700円)
内容 夏目漱石の孫である著者が綴った、漱石とその一家にまつわる随想録。当時を知る肉親が「あえて遺したい」という文豪の実像とは――。



 漱石亡きあと、遺された夏目家の人々はどう生きたのか――。

 日本近代文学の巨人・夏目漱石の孫にして、作家・半藤一利の妻でもある著者が綴る、個性豊かな親族たちとのエピソード。

 当時を生きた著者だけが知る、夏目家に関するエッセイを集めた、滋味あふれる一冊。

 

 「漱石の顔が千円札に登場した時、『お祖父さんがお札になるってどんなお気持?』とよく訊かれた。母筆子は、『へーえ、お祖父ちゃまがお札にねぇ。お金に縁のあった人とは思えないけど』という感想を述べたが、私にはこれといった感慨は湧かなかった。漱石にお祖父さんという特別な親しみを抱いたことがなかったからかもしれない。それは一つには四十九歳で没したため、私が漱石に抱かれたりした記憶を持たないせいであろう。しかし一番の理由は母が折に触れて語ってくれた漱石の思い出が、余りにも惨憺たるものだったからであると思う」――本書「母のこと・祖母のこと」より。