天気が変えた戦国・近世の城
発売日
2024年02月20日
概ね、この2日後に書店店頭に並びます
判 型
四六判並製
ISBN
978-4-569-85649-0

城好き気象予報士とめぐる名城37
天気が変えた戦国・近世の城

著者 久保井 朝美著 《気象予報士》
税込価格 1,760円(本体価格1,600円)
内容 城好きで知られる気象予報士・久保井朝美氏が、日本の風土と城の工夫、天気を味方にした合戦や武将など「天気×城」の新視点を紹介。



 城好きで知られる気象予報士の久保井朝美氏。気象予報士になってから、お城をめぐるたびに様々な疑問や仮説が浮かんできたといいます。
●「寒冷地の屋根には、赤や緑など特徴的な色が多い」
●「美しい壁は、台風への備えかもしれない」
●「関ヶ原の戦いの勝因のひとつに『天気』があるのでは」

 日本の風土と城の工夫、天気を味方にした合戦や武将など、日本全国37の城を題材に「天気×城」の新視点を紹介。これを読めば、城あるきがもっと楽しくなる! 

 気象と築城技術
●〔雪〕会津若松城/丸岡城/金沢城
●〔雨〕高知城/飫肥城
●〔風〕唐津城/鹿児島城・人吉城

 美しきかな! 城で楽しむ絶景
●〔雲海 秋の霧〕竹田城/備中松山城/越前大野城
●〔雲海 春の霧〕今治城
●〔月見〕松本城
●〔絶壁〕知覧城/都於郡城/小田原城/九戸城
●〔青石〕和歌山城/徳島城

 天気を読んだ名将
●徳川家康/毛利元就/豊臣秀吉/伊達政宗/織田信長

 対談 千田嘉博×久保井朝美 「天気」が分かれば、城あるきはもっと面白い!