鵜野森町(うのもりちょう)あやかし奇譚 (二)
発売日
2020年03月05日
在 庫
在庫あり
判 型
文庫判
ISBN
978-4-569-90001-8

鵜野森町(うのもりちょう)あやかし奇譚 (二)
覚(さとり)之章

著者 あきみずいつき著 《作家》
主な著作 鵜野森町あやかし奇譚』(PHP研究所)
税込価格 836円(本体価格760円)
内容 妖怪や化け物も暮らす不思議な町・鵜野森町に現れたのは、昔亡くなったはずの女性で……? 高校生の男女の成長を描いた感動作、第二弾!

それは、「あやかしモノ」史上、もっとも優しい物語――。小説投稿サイトエブリスタで人気を博したノスタルジックファンタジー、待望の第二弾!

 あやかしに憑りつかれた少女・咲の心を救った、高校生の朝霧夢路と猫又のサクラ。ある日、夢路と咲が通っている喫茶店「アイレン」に、店主のかつての恋人で、二十年以上前に亡くなったはずの「伶花」と瓜二つの女性が現れる。伶花の幽霊だと考えた夢路と咲だったが、サクラはそれをきっぱりと否定して……。彼女の正体は何なのか。そしてその目的とは。人と怪異がひっそりと共存する町で起こる、切なくも温かい"奇跡"を描く物語。

 文庫オリジナル。