姫君の賦(ふ)
発売日
2021年05月11日
概ね、この2日後に書店店頭に並びます
在 庫
在庫あり
判 型
文庫判
ISBN
978-4-569-90121-3

姫君の賦(ふ)
千姫流流(りゅうりゅう)

著者 玉岡かおる著 《作家》
主な著作 『お家さん(上・下)』『天平の女帝 孝謙称徳』(以上新潮文庫)
税込価格 1,012円(本体価格920円)
内容 千姫の人生は、大坂城落城から始まった――愛する人との出会いと別れ、そして将軍の姉として……凛として生きた千姫の生涯を描く。

 戦国最後の姫として、生まれた定め――

 時代に翻弄され、いわれなき悪名を浴びながらも凛として生きた千姫の生涯を鮮やかに描く、著者渾身の歴史ロマン!

 徳川家康の孫で、二代将軍・秀忠の娘、千姫。天下の泰平のため、幼くして大坂の豊臣秀頼のもとへ嫁ぐが、徳川、豊臣の争いを止めることはできなかった。そして大坂城落城。その後、再嫁した本多忠刻の愛に包まれて穏やかな日々が訪れたかに思えたが、豊臣の影がどこまでもつきまとう……。

 動乱の時代における“姫”という存在の悲哀を、千姫の波瀾の生涯を通して描き切った著者渾身の長編小説。