昭和史の真実
発売日
2021年05月31日
概ね、この2日後に書店店頭に並びます
在 庫
在庫あり
判 型
文庫判
ISBN
978-4-569-90138-1

昭和史の真実

著者 渡部昇一著 《上智大学名誉教授》
主な著作 『知的生活の方法』(講談社現代新書)
税込価格 1,210円(本体価格1,100円)
内容 軍官僚の派閥抗争、コミンテルンの暗躍、人種差別への憤り……「些細なこと」が歴史を変えた。昭和史の真実を描き出す著者渾身の決定版。

 なぜ日本人は戦争を選ばざるをえなかったのか。

 終戦から70年以上が過ぎて、各国の非公開資料が公開されるようになった。

 例えば、ノモンハン事件で日本軍は大敗したとされていたが、ソ連崩壊後に公開された記録では、日本軍の戦車の損失は29台、飛行機の損失が179機。ソ連の損失は、戦車・装甲車両が800台以上、飛行機の損失が1673機となっている。

 ほかにもマッカーサー元帥は、1951年5月、上院軍事・外交合同委員会で、

 「彼ら(日本)が戦争に飛び込んでいった動機は、大部分が安全保障の必要に迫られてのことだったのです」

 と証言している。詳細は、本書400ページ。

 「戦争をしたがる日本人が馬鹿な戦争を始め、彼らのせいで罪なき日本人が戦地で無残な死を遂げ、空襲で焼かれ、ついには原爆を落とされて負けた」というような、一方的な話でなく、あの当時、相手側が何をし、なぜ日本は敗戦に至ったのかを知らなければ、歴史の教訓は得られないだろう。

 『本当のことがわかる昭和史』を改題。