天方家(あまがたけ)女中のふしぎ暦(こよみ)
発売日
2022年05月09日
概ね、この2日後に書店店頭に並びます
判 型
文庫判
ISBN
978-4-569-90211-1

天方家(あまがたけ)女中のふしぎ暦(こよみ)

著者 黒崎リク著 《小説家》
主な著作 『呪禁師は陰陽師が嫌い』(宝島社文庫)
税込価格 858円(本体価格780円)
内容 奥様は幽霊? 天涯孤独で訳ありの結月が新しく勤めることになった天方家には、奇妙な秘密があった。少し不思議で温かい連作短編集。



 奥様は幽霊!?

 『帝都メルヒェン探偵録』の著者が贈る、うるっときてきゅんとする、幽霊×女中の新たな物語!

 

 昭和五年、天涯孤独の少女・結月は霊感が強いことから周囲の人に気味悪がられていた。奉公先を追い出され、田舎から帝都・東京に出て仕事を探していた結月は、天方家で女中として雇われることに。

 天方家は、穏やかな主人の涼、朗らかで天然な奥様の閑子、素っ気ない息子の漣の、一見普通の三人家族。しかし実は、怪現象が次々起こることから、女中がすぐに辞めてしまう、いわくつきの家であった。

 働き始めた結月の日常は、主人の怪しい仕事を手伝わされたり、息子の式神に見張られたり、庭の大蝦蟇に話しかけられたり、子犬の霊につきまとわれたりと、奇怪な出来事に大忙し。しかし天方家には、さらに何か大きな秘密があるようで……。

 

 結月が女中として働く天方家をめぐる、不思議な日常と奇妙な事件を描いた傑作和風ファンタジー。エブリスタ人気連載、待望の文庫化!