頁数/仕様
112ページ / 縦:21cm 横:14.8cm
初版
2021年4月
在庫
在庫あり

たれ尻が上がる! 下腹がへこむ! 1分「おしり筋正し」

美しさはおしりから! バランスの悪いおしりは角ばったり垂れたりして見た目が悪いだけでなく、下腹ぽっこりにつながります。本書は筋肉をよみがえらせるエクササイズを紹介。
著者(肩書) 谷 玉惠《鍼灸治療家、健康運動指導士》
主な著作 『最高の健康になるお尻アップ体操』(主婦の友社)
税込価格 1,430円   (本体価格:1,300円)
対象 一般
頁数/仕様 112ページ / 縦:21cm 横:14.8cm
初版 2021年4月

Get Adobe Reader『目次』『見本ページ』をご覧になるにはAcrobatReaderが必要です。
予めご用意ください。


鏡を見るたびに体形の崩れを実感してため息が出てしまう。
自分では若いつもりだったのに、ショーウインドウに映った自分の姿を見て愕然! 年を重ねるごとにおなかとおしりにどんどん肉がついて気持ちが沈む。
体のラインが崩れていくことに、暗澹たる気持ちを抱いている方はきっと少なくないはずです。ダイエットを始めたけれど、効果があまり出ないし続かない。いったんはやせたけれどリバウンドしてしまった。このような体験をお持ちの方も多いはず。
美容面だけではありません。体が重くなって動くのが億劫になってきた。肩や首、腰のトラブルが増えてきて悩んでいる。体の調子がすぐれない。気持ちが落ち込みがちで上向かないなど、心身の不調も感じていらっしゃるのではないでしょうか。
みなさんが感じている美容面や健康面の悩みは、多くの場合、体のある場所が機能不全になっていることからきています。
どこかと言えば「おしり」です。おしりの筋肉が落ちてきてしっかりと働いてくれなくなっていることが、体形の崩れや心身の不調につながっているのです。
「えーっ、おしり!?」と思われるかもしれませんが、おしりは体の土台である「骨盤」をサポートしている大事な場所。おしりの崩れは骨盤のゆがみに直結します。骨盤のゆがみは姿勢を悪くし、内臓機能の低下まで含めたあらゆる不調を招く元凶となります。ですから、おしりを正さずしてスタイルの悩みや心身の不調は解決しません。この本では、おしりの筋肉を復活させて、おしりと骨盤の両方をきれいな形に戻していく「おしり筋正し」をご紹介します。どれも時間はかからず、むずかしくもありません。運動習慣がない方でも続けられて、しかもはやければ2~3週間で効果を実感できます。
おしりは躍動の原点であり、健康美の象徴です。おしりが変われば、たれ尻とも、ポッコリおなかとも、骨盤のゆがみ由来のさまざまな不調とも縁が切れて、名実ともに若々しい体へと変わっていきます。
だまされたと思って、まずは2週間やってみてください。体の変化が体感できて気持ちも明るくなっていくでしょう。おしりが上がると人生が輝きます!  (「はじめに」より)

【1章】美しさはおしりから始まる
・おしりは「美」と「健康」の要
・まずは知っておきたい「おしりの構造」
・おしりが弱くなると老化が一気に進む!
・理想のおしりは「卵型」のおしり
・骨盤の「ヴィーナスライン」は健康美の原点
・おしりの骨格「骨盤のゆがみ度」チェック
・今からでも大丈夫! 筋トレ体操でおしりを正しましょう

【2章】おしりと気持ちアップ、下腹スッキリの「おしり筋正し」
・大臀筋に作用する「おしり筋正し」
・骨盤底筋運動との違い
・体幹に作用する「おなかへこませ」
・腰の可動域を広げる「仙骨ほぐし回し」
・ズレた骨盤が整う「おしり前後正し」
・大臀筋を刺激「おしり上げキック」
・大臀筋と中臀筋が活性化「おしりななめキック」
・骨盤底筋群を鍛える「寝たままおしり上げ」
・ハムストリングスの柔軟性を高める「座ってもも上げ」
・乱れた姿勢を骨盤から正す「前屈リセット」
・テレビを見ながら大臀筋と中臀筋を一緒に鍛える「寝ころび足上げ」
・たれ尻を矯正する「うつぶせ足上げ」
・ハムストリングスをやわらかくする「しり上げもも上げ」
・気持ちもおしりも一歩前へ「踏み出しスクワット」
・腹直筋を目覚めさせる「寝たままおなか引き寄せ」
・腹直筋にがんばってもらう「床上10秒キープ」
・股関節と大腿四頭筋がゆるむ「おしりたたき」
・手軽に運動不足解消「おしり歩き」
・運動後の「おしりやわらかストレッチ」
≪COLUMN≫
・華やかなボトムスで気分を上げて

【3章】おしり筋を大事にすると人生はもっと充実する
・70代でも体のラインはキープできる
・筋肉量は50代から急な下り坂に入っていく
・下腹が出る原因は食べ過ぎではない
・正しい姿勢を知ることがおしりを守る
・筋肉が脂肪に乗っ取られるダイエットは間違い
・ダイエットは「運動」「食事」「呼吸法」で健康的に
・太らず、筋力も落とさない食べ方のルール
・おしりはその人の生き方を物語る