人名事典

>> 検索トップへ

今泉忠明

(いまいずみ・ただあき)
1944年東京都に生まれる。東京水産大学(現・東京海洋大学)卒業、国立科学博物館で哺乳類の分類・生態を学ぶ。文部省(現・文部科学省)の国際生物計画(IBP)調査、日本列島総合調査、環境庁(現・環境省)のイリオモテヤマネコの生態調査等に参加。ほかにニホンカワウソの生態調査、エチゴモグラの分布調査、富士山青木ヶ原を中心に哺乳類を研究する。富士山の動物相の調査、北海道で世界最小の哺乳類の一つであるトガリネズミのフィールド調査を行うなどして、上野動物園で動物解説員を務めた。現在は千葉県の房総半島で外来種の生態を調べ、東京都の奥多摩で動物観察を行っている。「ねこの博物館」館長、日本動物科学研究所所長、富士山自然誌研究会会員。

主な著書に『アニマルトラック&バードトラックハンドブック』(自由国民社)、『地球 絶滅動物記』(竹書房)、『進化を忘れた動物たち』(講談社)、『野生ネコの百科』(データハウス)、『イリオモテヤマネコの百科』(データハウス)、『絶滅野生動物の事典』(東京堂出版)、『世界珍獣図鑑』(人類文化社)、『猫 かわいいネコには謎がある』(講談社)、『猛毒動物 最恐50』(SBクリエイティブ)、『最新 ネコの心理』(ナツメ社)など多数。
(データ作成:2014年)