第26回山本七平賞は該当作なし。奨励賞に岩井秀一郎著『多田駿伝』


PHP研究所(京都市南区西九条北ノ内町11、代表取締役 清水卓智)は、9月11日(月)午後6時から、「新ばし 金田中(かねたなか)」にて、第26回山本七平賞の最終選考会を開催しました。その結果、以下のとおり受賞作が決定しましたので、ここにお知らせいたします。

 

tadahayao.jpg

 

【山本七平賞】

該当作なし

 

【奨励賞】

受賞作:『多田駿伝』(小学館 2017年3月6日)

著 者:岩井秀一郎 (いわい・しゅういちろう)

1986年9月3日、長野県佐久市生まれ。歴史研究者。1994年より、埼玉県深谷市在住。2007年4月、日本大学文理学部史学科に入学。2011年3月、同大学卒業。以後、一般企業で働くかたわら、昭和史を中心とした歴史研究・調査を続けている。本書が初めての著書。

 

副賞として、奨励賞には100万円、記念品として腕時計、山本七平著『静かなる細き声』の特装本を贈呈します。贈呈式は11月21日(火)午後6時より、都内で開催予定です。

 

山本七平賞は、1991年12月に逝去された山本七平氏の長年にわたる思索、著作、出版活動の輝かしい成果を顕彰することを目的に、1992年5月に創設されました。賞の対象となる作品は前年7月1日から当年6月末日までに発表(書籍の場合は奥付日)された書籍、論文で、選考委員は、伊藤元重(学習院大学教授)、呉 善花(拓殖大学教授)、中西輝政(京都大学名誉教授)、養老孟司(東京大学名誉教授)の4氏。

 

★過去の受賞作などはこちら⇒PHP研究所 山本七平賞