クモはなぜ糸から落ちないのか
発売日
2004年03月15日
在 庫
品切れ重版未定
判 型
新書判
ISBN
978-4-569-63452-4

クモはなぜ糸から落ちないのか
自然から学ぶ<安全>と<信頼>の法則

著者 大崎茂芳著 《奈良県立医科大学教授》
主な著作 『クモの糸のミステリー』(中公新書)
税込価格 770円(本体価格700円)
内容 驚くべきクモの行動から、複雑な人間社会を生きる知恵が見つかった! 「危機管理」「信頼性」を軸に、予測困難な時代の先を読めるのか。

「朝グモは福を呼ぶ」などの言い伝えが示すように、古くからクモは神秘的な生物とされてきた。その活動をつねに支えるのが「クモの糸」。よくもまあ、こんな細い糸に命を預けられるものだ。じつは彼らは、危機管理のスペシャリストだったのだ!

 翻って私たちは、何を信頼して生きているだろう。他人を、社会をどのように信じ、どう対応したらよいのか。4億年もの長い進化を経て培われたクモの知恵から、時代の変化を読み解く術を学ぶ。

 予測困難で複雑な現代にあって、忘れていた大切なことを教えてくれるクモの驚くべき生態学。

 <内容例>クモが大空を飛ぶ/巣の糸のリサイクル/クモは紫外線を利用する/危機管理の究極の数字は「二」/クモの糸の信頼性は人間社会に適用できるのか/人間が信頼しやすい短期的未来/どのような部下が信頼できるのか/受験は典型的な線形タイプ/常識の寿命は短くなってきた/目標のない時代にはどうすればいいのかetc.