アメリカに頼らなくても大丈夫な日本へ
発売日
2006年11月22日
在 庫
品切れ重版未定
判 型
四六判上製
ISBN
978-4-569-65448-5

アメリカに頼らなくても大丈夫な日本へ
「わが国」の未来を歴史から考える

著者 日下公人著 《評論家、前東京財団会長》
主な著作 『「人口減少」で日本は繁栄する』(祥伝社)
税込価格 1,540円(本体価格1,400円)
内容 いざというとき、日本には力がない? いいえ、まったく逆です! 日本人が覚醒し、「意志」を表明することの効用と具体的方法を提示。

自国のことは自国で決するには、どうすべきか。日本にはすでに力がある。その力を自覚し、「日本のために使う」ことに徹すれば、眦を決して自らを奮い立たせるような力み方は必要ないことがわかる。叫んで、ことさら自らを奮い立たせようとするのは、力がまだ備わっていない者のすることである。日本が近代から今日に至るまでに達成したレベルの高さを、きちんと自覚すればよい。

 自らの持つ力を「意志」によって世界に示していくことで、かつての戦争時代のように血が流れることもなく、やがて世界は「日本化」していく。「アメリカに頼らなくても大丈夫な日本」は、その具体的な現れである。その兆しはすでに、世界の人々の文化・娯楽面を中心に数多く現れている。これからますます、日本のアイデンティティと価値観が持っている世界的な普遍性を実感することができるようになる。本書は「反米」の書ではなく、その扉を開いていくものである。(本文より抜粋)