頭がいい人、悪い人の話し方
発売日
2004年06月16日
在 庫
在庫あり
判 型
新書判
ISBN
978-4-569-63545-3

頭がいい人、悪い人の話し方

著者 樋口裕一著 《翻訳家、予備校講師》
主な著作 『ホンモノの文章力』(集英社新書)
税込価格 771円(本体価格714円)
内容 論理的な人とバカな人、その話し方の違いは? 「知ったかぶり」「説教癖」「矛盾に気づかない」など、事例と対策を紹介する知的実用書。

何気ない会話に、その人の知性が現れる。難しい議論をしたわけではない、たわいのない世間話をしただけなのに……。社会に出れば話し方ひとつで、仕事ができるかどうか判断されてしまう。

 本書では、巷にあふれる愚かな話し方の実例をあげ、その傾向と対策を練る。

 まず、「あなたの周りのバカ上司たち」の実例。「道徳的説教ばかりする」「他人の権威を笠に着る」「具体例を言わず抽象的な話ばかりをする」……。続いて「こんな話し方では異性に嫌われる」実例。「何でも勘ぐる」「優柔不断ではっきり言わない」「自分のことしか話さない」……。さらに「人望が得られない話し方」の実例。「おべっかばかりで自分の意見がない」「ありふれたことしか言わない」「正論ばかりを口にする」……。数々の事例を読めば、思わず身近なあの人の顔が浮かぶ。そして、あなた自身も「バカに見える話し方」をしているのだ! 文章指導のプロが「書くこと」と「話すこと」の共通項を見つけ痛快に綴る。