無為の力
発売日
2004年11月08日
在 庫
在庫なし
判 型
四六判上製
ISBN
978-4-569-63937-6

無為の力
マイナスがプラスに変わる考え方

著者 河合隼雄著 《(河合)文化庁長官、(谷川)棋王》
谷川浩司
主な著作 <河合・主な著作>『仏教が好き(共著)』(朝日新聞社)
税込価格 1,430円(本体価格1,300円)
内容 老いる力、嫉妬の力、無為の力、何もしないことに全力を傾注する……マイナスをプラスへの力に変える考え方と行動を語り尽くす一冊。



 未来に希望を点すことができない現代に河合隼雄は、「無為で生きる」、つまり「何もしないことに全力を傾注する」という。無為とは老子の言葉である。

 カウンセリングは、クライエントの生きる力を希望をもって待つ仕事である。作為的にクライエントに接しても、問題は解決しない。本人の生きる力がなければ根本的な解決にならないからである。

 「何もしない」というのは、非生産的に聞こえるが、実は新しいものを創造する前の大事な過程である、と著者2人はいう。「何も目標、方向性がない」状態からは、普段では考えつかない途方もないことが出てくるのである。

 ◎物を忘れることで豊かになる ◎嫉妬心には可能性がある ◎思考をやめた時に名案が浮かぶ ◎「ある」だけで十分ではないか ◎物がないほうが創造力は豊かになるなど、無為の力を生かせば、マイナスのなかにこそプラスの力があることがわかる。

 世代を問わず、今を生きるすべての人に読んでほしい本である。