女と男の「かけひき」ゲーム理論
発売日
2005年01月19日
在 庫
品切れ重版未定
判 型
四六判並製
ISBN
978-4-569-64064-8

女と男の「かけひき」ゲーム理論
思い通りに相手を動かすテクニック

著者 逢沢明著 《京都大学助教授》
主な著作 頭がよくなる論理パズル』(PHP研究所)
税込価格 1,100円(本体価格1,000円)
内容 「私と仕事とどっちが大切!」「えっ……」、「私のこと、どれぐらい好き?」「……」。男と女、かみ合わない感覚の修正方法教えます。

女と男では、その特性の異なる面があります。男性は狩猟民族的であり、かつて原野での狩猟の必要性のためか空間認知能力が発達し、リスクに対して敏感です。一方、女性の脳は融和的です。親密な人間関係を大事にします。一般的に話好きな人が多いのも女性の特徴ではないでしょうか。本書はそんな女と男というジェンダー(性)の差を、飛び越えてみるためにアドバイスした本です──。本書は、いわゆる「兵法」の一種・現代のゲーム理論をやさしく解説できる著者による女と男のうまい折り合いのつけ方の解説…のようなもの。基本は…狩猟民族的な犬族・男性の赤裸々な特徴をものすごく分析???することによって…女性読者に男のうまい「操縦法」を伝授している。「いまの世の中…男諸君はかなりソフトに変貌したけど、ビジネス社会はまだまだ犬族 ・男の仕切りが目立ちます。私は、女性たちにこの壁をしなやかに破壊してもらいたい…だから私はペンを…」と発奮した女性に真摯な著者による渾身の作。また使い勝手によっては…男性にも役に立つ便利な一冊。