しりとりのくに
発売日
2009年04月01日
在 庫
品切れ重版未定
判 型
A5判上製
ISBN
978-4-569-68948-7

しりとりのくに

著者 深見春夫作/絵 《絵本作家》
主な著作 そらとぶパン』、『くもかいじゅう』、『くもきちせんせい』(PHP研究所)
税込価格 1,210円(本体価格1,100円)
内容 つぎつぎと出題されるしりとりに答えないと、出ることができない「しりとりのくに」。迷いこんでしまったかなちゃんの運命は!?

カナちゃんが道を歩いていると、『しりとりのくに』と書いてある大きな門を見つけました。カナちゃんが門の中へ入ると、“しりとり大王”が待ち構えていて、「この国に入ったら、しりとりを完成させないと出られないぞ」といいました。しりとりに自信のあるカナちゃんは大はりきりです。早速、しりとりが始まりました。

 しりとり大王から最初に出されたのは「ア」から始まるものの名前。カナちゃんは、「アンコ」と答えました。すると、座っていたイスが跳ね上がり、アンコの行列の上に舞い降りました。アンコの行列は、大きな口をあけているアンパンの中へと入っていきます。カナちゃんは、アンコと一緒にアンパンの中に閉じ込められてしまいました。すると、アンパンが「『コ』で始まる名前をいったら出してあげる」といいました。カナちゃんが一生懸命考えて「コブタ」と、答えると……!?

 しりとりをしながら大冒険するハラハラドキドキの愉快な幼年童話。